毛穴パック デメリット

MENU

毛穴対策としてとってもお手軽なものに、毛穴パックがあります。

 

クリームやジェル状のものもありますが、最も分かりやすいのがシートタイプでしょう。

 

鼻の上などに、湿り気のある薬剤が塗られたシートを張り付けます。しばらく置いて、乾き気味になったら、シートを引きはがすのです。

 

すると、この薬剤に角栓の先端が取り込まれ、シートもろとも、毛穴の中から引き抜かれる……というわけです。

 

角栓がしっかりとできてしまっていた人は、このシートの上に、くっついてきた角栓が林立します。効果が見た目にも分かりやすいです。「やっつけてやったぞ」と満足感が高いでしょう。

 

が、あまりオススメできません。引きはがされるのは角栓だけではないのです。お肌の表面にある角質まで引きはがしてしまう可能性があります。

 

もし今でも使っている人がいたら、その使い終わったシートをよくよく見てください。角栓とともに、皮膚から引きはがされた角質も張り付いているのが分かるでしょう。

 

こうなると、皮膚はなくなった角質の役割を皮脂でカバーするしかなくなり、皮脂の分泌が増えてしまいます。

 

また、すっぽりと角栓が抜けますので、そのあとにぽっかりと空洞ができることも問題です。

 

ここにすぐに汚れやら、皮脂やら、古い角質やらが入り込んでしまうのです。これがまた、雑菌の温床となり、炎症を引き起こしてしまう確率も高いのです。

 

このように毛穴パックは、ほんの少し長い目で考えると、毛穴のトラブルを拡大してしまうのです。

 

毛穴パックの怖いところ関連ページ

毛穴ケアにいい日頃のお手入れは?